主に日常とぱにぽにを書くブログです!


by xxavanxx
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ぱにぽにだっしゅ!名言・迷言 第2話『紅は園生に映えても隠れなし』

はい第2話です。30分以下を目標にがんばります。
ルールは、変更がない限り同じなんで省略します。(次回以降はこの文自体省略)

あらすじ

C組生徒の名前を覚えないベッキー。
6号は「デカリボン」、都は「勉強蟲」、一条は「学級委員」<一番まともかな・・・>、
姫子は「アホ毛」、そして玲は「いじめっ子」、挙句の果てにくるみは(ベッキー曰く)「おい!そこの普通すぎて存在感薄いお前」と呼ばれる。さらにその直後、くるみに「地味なお前」と言ってしまい、くるみはひどく落ち込んでしまう。<アニメじゃこっからくるみの地味キャラスタート>
生徒たちはなんとか覚えさせようと試みるが、D組芹沢扮するロボ子がC組に乱入するハプニングが発生し・・・。
果たしてくるみはベッキー(たち)に名前を覚えてもらえるのか?

ちと、面白くしてみました。
そんじゃあ、名言から・・・
1.五十嵐先生「宮本先生、それはあなたに覚える気がないからよ。どーでもい                    いって思ってるから覚えられないの。私だってまだ校長先生の名前知らないもの」
・・・もっともです。校長の名前は(多分)誰も知らないと思います。
2.3.また無しかぁ。
つづいて迷言。
1.ベッキー『うぅ~~。 も…、もも、も…
        桃栗三年柿八年子!!』
        ・・・くるみの名前が分からず墓穴を掘るw
2.ロボ子(芹沢)「勝負だ!男と男のプライドを賭けてな!」
           ・・・お前、女だろ?
3.五十嵐先生「えーっと。あ、この子。桃瀬くるみ」
          ・・・墓穴。C組で分からんやつがいたらしく、誰かとベッキーが聞いての回答。
よし、第2話終了。ノシ!
[PR]
by xxavanxx | 2006-01-18 14:58 | ぱにぽに