主に日常とぱにぽにを書くブログです!


by xxavanxx
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ぱにぽにだっしゅ!名言・迷言 第8話『熊に山椒 鯉に胡椒』&第9話『八歳の翁 百歳の童』

前略
今回は2連発!
あらすじ

自称“癒し系魔法少女”であるベホイミは、魔法少女のわりには注目をあびていない自分に悩んでいた。そこで彼女はあたらしいコスチュームをまとったり、新グッズを開発したりで存在感を出そうとするが…。

よし、名言と迷言。
名言
1.ベホイミ「ハッ!いけない、ここでヘコたれては癒し系魔法少女の名がすたるッス!負けてはいられない!がんばらねば!Never Give Up!」
  ・・・ウサギ小屋寸前で思いとどまるベホイミ。健気だなぁ~。
2.玲 「今からこの杖に魔法の力を託す。これベホイミの杖をコッソリ交換すればあいつは正真正銘の魔法少女ってわけだ。」
  ・・・なぜこんなことに発展したんだっけ?
3.姫子『違うよ!魔法だよ…。これ、ベホイミちゃんの魔法だよ!ベホイミちゃんは本当の魔法少女だったんだよ!』
  ・・・これだけだったら、名言。ただこれが原因でベホイミはやさぐれになってしまう。
迷言
1.ジジイ「お前(ベホイミ)がぼんやりしてるとは珍しいな。ワシが昨日一人で陰踏みしたせいかの。」
  ・・・何やっとんねん!(ダウンタウンの浜ちゃん風に。あれ、どっちがボケ?)
2.姫子『いんようみち?』
  ・・・陰陽道。おんみょうどうと読むんだが。
3.ジジイ「みんな教室から出るなよ。出たら末代まで呪うぞ。 コレ!脅してるそばから行くな! ふっ!ぬぬぬ。」
  ・・・何するつもりやねん!(またダウンタウンの浜ちゃん風に)
よし、次は第9話!!!!!!!!!






第9話です。

あらすじ

夏休みを利用して、恩師の手伝いに(どう見ても日本領じゃない)沖之毒島まで足を運んだベッキー。メチャクチャな登場をした助手のメディアに連れられた先はコンビニ。しかもそこにはなぜかC組のメンバーもいて、皆でジャングルを探索することになる。また、幼少(といっても2年ぐらい前だが。)のベッキーの過去が明らかに……?

中略

名言
1.姫子『マホーン!! 私は今のベッキーが好き!あんまし笑わないし、すぐ怒るけど!大好き~!』
  ・・・姫子のいいとこは正直なとこでしょうか?ちなみに8割方穴埋めです。
2.3.無し。
迷言
1.メディア『あら大変、何が起きたのかしら~?』
  ・・・船を(特攻で)壊しといてなにを言うか。
2.メディア『この島はちょっとした未開の地なんで、いろんな珍しい生物もいたりするんですよ。そういうのに連れて行かれたのかもしれませんね~』
  ・・・ちょっとした、でいいのか?
3.メディア『ふ~んふんふ~ん まぁ!綺麗なお花 ホンダレハンダレスカトロバ♪命が惜しけりゃ置いてきな♪燃やして砕いて飲みこむぞ♪孫子の代まで居直るぞ~♪』
  ・・・玲と同じで↑で眠れる子が見てみたい。

なんと迷言はメディアが独占。凄い・・・
そんで名言フィーバーになるのは一体いつだ!
今日はこれで時間切れなんでノシ!
[PR]
by xxavanxx | 2006-01-30 15:16 | ぱにぽに