主に日常とぱにぽにを書くブログです!


by xxavanxx
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 01月 30日 ( 4 )

大発見!

突然ですが、皆さんはヘッドホンって使います?
もし、あるならオープニングの「黄バカ」をステレオテレビでヘッドホンを使って聞いてみてください。あと、低音の音は大きめにしておくといいでしょう。
まず、2度マラカスを振ってる音がします。こっちは簡単です。
そして、16話の玲Verのみで確認したところでは終盤のどっかで一条妹が「ぷい、ぷい」と言ってるところがありますが、確認してます。ぜひ、アニメで聞いてみてください!
そんじゃあ、ノシ!!!!!


2/4 追記・・・
第11話のほうでも確認しました。あとはCDだけですが、金がぎりぎりなんで出来ません・・・
[PR]
by xxavanxx | 2006-01-30 15:40 | ぱにぽに
前略
今回は2連発!
あらすじ

自称“癒し系魔法少女”であるベホイミは、魔法少女のわりには注目をあびていない自分に悩んでいた。そこで彼女はあたらしいコスチュームをまとったり、新グッズを開発したりで存在感を出そうとするが…。

よし、名言と迷言。
名言
1.ベホイミ「ハッ!いけない、ここでヘコたれては癒し系魔法少女の名がすたるッス!負けてはいられない!がんばらねば!Never Give Up!」
  ・・・ウサギ小屋寸前で思いとどまるベホイミ。健気だなぁ~。
2.玲 「今からこの杖に魔法の力を託す。これベホイミの杖をコッソリ交換すればあいつは正真正銘の魔法少女ってわけだ。」
  ・・・なぜこんなことに発展したんだっけ?
3.姫子『違うよ!魔法だよ…。これ、ベホイミちゃんの魔法だよ!ベホイミちゃんは本当の魔法少女だったんだよ!』
  ・・・これだけだったら、名言。ただこれが原因でベホイミはやさぐれになってしまう。
迷言
1.ジジイ「お前(ベホイミ)がぼんやりしてるとは珍しいな。ワシが昨日一人で陰踏みしたせいかの。」
  ・・・何やっとんねん!(ダウンタウンの浜ちゃん風に。あれ、どっちがボケ?)
2.姫子『いんようみち?』
  ・・・陰陽道。おんみょうどうと読むんだが。
3.ジジイ「みんな教室から出るなよ。出たら末代まで呪うぞ。 コレ!脅してるそばから行くな! ふっ!ぬぬぬ。」
  ・・・何するつもりやねん!(またダウンタウンの浜ちゃん風に)
よし、次は第9話!!!!!!!!!

第9話へGO!
[PR]
by xxavanxx | 2006-01-30 15:16 | ぱにぽに
はい、第8話!

あらすじ
ジャンケンで五十嵐先生の罠にはまり、プール掃除をするハメになってしまったベッキーとC組メンバー。 一方、学校に迷い込んでしまった一条妹を保護した犬神つるぎ。ベホイミたちが乱入したり、宇宙人のせいで、一条妹が巨大化したりなどのハプニングも発生。 桃月学園の暑い夏が始まろうとしていた。

うん、このくらいでいいでしょう。
よし、名言と迷言にいってみよう。

More
[PR]
by xxavanxx | 2006-01-30 14:37 | ぱにぽに
前回、俺は、

シーサーブログに移転します。
いろいろと、登録しなおさなくてはなりませんが、どうにかしてみようと思います。

といいましたが、この名言・迷言終わらせてからにしようかどうかで迷ってましたが、
とりあえず、終わってから移転します。今年度中に終わらせるようがんばります。

それでは、第6話です。

あらすじ
旧校舎の一室を研究室として使わせてもらえることになったベッキー。しかしそこは、ガラクタだらけ、おまけに、謎の扉があったりと、ただの空き部屋ではなかった…。 一段落しても、入れ替わり立ち代りやってくる生徒。そしていつのまにかベッキーの研究室は、お悩み相談室になっていたのであった。

ざっとこんなかんじかぁ~
では、名言と迷言いってみよう。

More
[PR]
by xxavanxx | 2006-01-30 14:17 | ぱにぽに